OSPRAY code38 & GREGORY targy45

バックルが破損していた冬用ザックを受取りに秀岳荘へ
縫製を解いてバックル交換だったので、メーカー修理になっていました
s_EA310050
予定よりも早く1週間で仕上がり、修理費1,203円は破格
旧モデルのオスプレーcode38まだまだ使います

スコップなどを入れた外側の大型ポケットへは、4カ所のバックルとドローコードを開放してアクセス
s_EA310057

本体へはショルダーストラップを外し、ショルダーベルト一体のパネルを「ガバッ」と開きます
s_EA310052

グレゴリーtargy45
s_EA310053
左右のストラップを開放しジッパーで外側のポケットを開閉

ショルダーベルトは本体に固定、バックパネルのみが開閉
s_EA310056
荷物の出し入れにバックル操作が少ない!(たいした理由でないけどね)

近寄っては“危険”と判っていた2015秋の秀岳荘バーゲン
一回り大きなザックの誘惑にあっさり陥落、ご購入となりました

コメント

タイトルとURLをコピーしました