スーパーカブ〈JA44〉 カットラインの出るフォグランプ取付け その2

ランプを分解してみるとプラスチックのカバーにバリが残っていたので削って、防水対策に浴室用の補修シリコンを薄く塗っておきました。

ランプのステーは錆びやすそうな素材だったので、近所のビバホームで見つけたラバーペイントをスプレーする事にしました。ボルト類は全てステンレスに交換。

フロントカバーを固定しているボルトを利用してフォグランプのステーを取り付けることにします。

長いボルトに交換。

クロスカブのカバーに交換しているので、ボルトが当たる部分をカット。スーパーカブ用のレッグカバーだと当たらないはず。

on-off-onでイカリングとフォグが切り替わるスイッチは右ミラーの台座に取付け。

あれ?キーを回してもメーター内のランプ類が灯らない。設計ミスか?テストではライト灯ったのになぁ。

右サイドカバー内にあるFIのヒューズが切れてました。どーしてだ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました