MTBのディスクブレーキパッド交換【HAYS DYNO】

ブレーキをかけてシリンダーを出してしまわないように気を付けながら、六角レンチでキャリパーを外し、パッドを留めているボルトも小さな六角レンチで抜取ります。

ボルト側からパッドをセットしているばねを軽く押し出し、ディスク側から摘まんで引き抜きます。2枚の新しいパッドセットし、キャリパーにはめ直して完成。思っていたより簡単でした。

レジンとメタルパッドの価格差は400円程度。安全に最も関わるパーツなのでメタルを選択。パッドはまだ使えそうな減り具合でしたが音鳴りが始まっていたので交換する事にしました。

ライコランドというバイク用品店に行ったら実演販売をしていたFW1。バイクでの出入りが多い店舗に、迷い込んできた洗車前の薄汚れたデリカD5。販売員のお兄さんにOK出したら、三菱エンブレムの菱を一個とホイールの一部分をピカピカにしてくれました。薄く塗って磨き上げるとクリーニング&ワックスが完成し、水洗い無しで汚れも虫も取れるそうです。手軽そうなので試しに1本入手してみました。砂粒などを簡単に洗車し、キャリパーを取付けながら普段手が届かないブレーキ周りとフレームを綺麗にして作業終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました